先日、以前他社にて調査したと仰る依頼者様から、当社の料金形態について驚かれました。

どうも格安をうたう同業他社様は、基本料金を格安に設定し、経費等で多額の請求をしている所がある様なのです。

弊社は基本的に時間制となっていまして、それ以外の料金は殆ど頂いていないのが現状です。

実際には、調査対象者の所在地から、直線距離で100Kmを超える場合の交通費(公共交通機関の金額で算定)と、日にちを跨いで宿泊が必要になった場合の一律5000円。そしてGPS等で対象者が不貞現場におり、即時に出動した場合は緊急出動料の15000円の追加のみです。

(もちろん依頼者様と協議の上での出動となります)

あとは希なケースで、対象者が宿泊した高級ホテル等に、一緒に宿泊をしなければ証拠が取れない様な場合、依頼者様と協議の上で実費の請求をさせて頂いております。

その他にも実際の現場では、対象者は色々と想定外の行動をとりますので、あらかじめ段取りを依頼者様とお話した上で、場合によっては現場の調査員が依頼者様と直接協議をし、判断する様なやり方で決定をしております。

先日、群馬のみなかみ町の現場で、対象の出社確認の為、高崎駅乗り換え→埼玉県内の勤務先に出社する予定が、その日は東京都内の本店に出勤してしまい、電車代と別班(車両班)の高速代や経費で、想定以上の出費が出てしまいました。

ただ、“直線”距離では100Kmを少し超えた程度でしたので、依頼者様とのお話合いで経費の請求は無しとなりました。

実を言うと、あまり大きな超過で無い限り、弊社では経費請求をしていないのが現状です。

気になって色々調べてみたら、会社によっては「ビデオカメラ使用料」や「車両使用料」、挙げ句の果てには「調査報告書作成費用」やら「深夜・休日手当て」等を請求している会社もあるそうで、開いた口が塞がらないとはこの事です。

弊社では調査にかかる経費や、多種多様な機材(特に映像証拠撮影用の機材)は、全て確実な証拠を掴み取る為の“手段”だと考えており、報告書等はお客様にお渡しする“商品”だと考えているので、それらに対して追加金の発生など、全くもって言語道断だと考えております。

当社はこれからも、格安ですが金額以上の結果をお客様に満足して頂ける様に、日々徹底して精進してまいります。

IMG_20160126_033050

Follow me!